imode.php / iモードメール転送

提供:Shohei Yokoyama
>>Top > Software
移動: 案内, 検索

目次

概要

imode.phpはiモードのメールを任意のメールアドレスに転送するプログラムです。phpの動くWebサーバを利用可能な方に便利です。尚このプログラムは、docomoとimode.net契約をしている事が前提となります。つまり、「スマートフォンに変えたけど、いままでのimodeメールアドレスを捨てるのも惜しいなぁ、しかも自分の携帯spモードに対応してないし・・・」という人向けです。BlackBerryとか・・・BlackBerryとか・・・BlackBerryとか・・・。

インストール要件

本プログラムは基本的にはLinuxで動作しているWebサーバ上にインストールする事が前提となっています。また、以下のソフト・コマンドが動作する必要があります。

  • apache (もしくは他のWebサーバ)
  • php (コマンドライン実行できる環境)
  • wget

ダウンロード

  • 本ソフトのご利用は無料です。。。が、拍手を頂けますとモチベーションが上がります。

インストール

Step.1 解凍

ダウンロードしたファイルはzipですので、適当なフォルダに解凍してください。

unzip imode.zip

Step.2 書き込み可能ファイル・フォルダを作る

途中データを保存しておくファイルが二つと書き込み可能なフォルダが必要になります。またフォルダはWebに公開されているフォルダを作る必要があります。ファイル名は変更可能ですが、ここではimode.htmlとimode.txt、フォルダを~/public_html/imode/とします。ファイル・フォルダ共に書き込み権限が必要です。加えて、フォルダはWebサーバが読めるようなパーミッションを付ける必要があります。

touch imode.html imode.txt
mkdir ~/public_html/imode/
chmod 600 imode.html imode.txt
chmod 777 ~/public_html/imode/
  • 尚、自分のアカウントで書き込み権限のある場所に置く場合は、この手順はスキップして構いません。

Step.3 imode.phpの設定をする

imode.netと転送先の設定

  • imode.php中の以下を書き換えてください
    //--- ご自身のデータを入れてください
    //imode.netのユーザ名(多分携帯電話番号)
    $UID = "09000000000";
    //imode.netのパスワード
    $PWD = "xxxxxxxx";
    //転送先メールアドレス
    $TO = "foo@gmail.com";

パスの設定

  • imode.phpの中で、step2で作成したファイル・フォルダのパスを設定してください。
    //--- ご自身の環境に応じて書き換えてください
    /* HTML保存ファイル:書き込み可能なファイル */
    $outHtml = "/home/foo/imode.html";
    /* COOKIE保存ファイル:書き込み可能なファイル */
    $outCookie = "/home/foo/imode.txt";
    /* 絵文字保存フォルダ:書き込み可能なフォルダ(Webに公開されている場所) */
    $emojiPath = "/home/foo/public_html/imode/";
    /* 絵文字保存URL:上記のフォルダをWebから見た時のURL */
    $emojiUrl = "http://hogehoge.jp/~foo/imode/";

Step.4 テスト

  • プログラムがちゃんと動くかテストします。テストの手順は以下の通りです。
  1. docomoのimodeメールアドレスにメールを送信
  2. このプログラムを実行
    • コマンドラインからphp imode.phpを実行
  1. 転送先にメールが転送されたかチェック

Step.5 定期的に実行させる

  • cronを使って定期的に実行させます。
crontab -e
  • 上記のコマンドでcronの編集画面がでますので、そこに
* * * * * php /home/hogehoge/imode.php

と書き込みます。書き込みはviエディタですのでiを押して挿入モードにしてから書き込んでください。もちろんパスはご自身の環境で正しいパスを書いてください。書き込み終わったらEscキーを押してコマンドモードに抜けた後、「:wq」と打って保存しつつエディタから抜けてください。これで、1分毎にiモードメールの新着がチェックされ、新着があればPCへ転送されます。

スクリーンショット

docomoのサービスimode.netの画面

Imodephp fig1.jpg

このアプリでGmailに転送されたメールの画面

Imodephp fig2.jpg

おことわり

プログラムには幾つか制限があります。

  • まず、新着は10件しか取得できません。例えばcorn間隔の1分間に11件のメールが来た場合、最初のメールは転送されません。
  • 絵文字は一応転送できるようにしていますが、なにせ手持ちでデコメールができる機材を持っていないので、全ての場合で転送できるのかは未知数です。一応、docomo標準の絵文字と、アニメーションする絵文字が送信できる事は借りた携帯を使って確認しています。なお、転送されたメールをスマートフォンなどで受信して、それをまた転送する場合は、絵文字は転送されない可能性が大です。文字化けが起るかも知れません。
  • これ系(Webページから情報抽出)の宿命ですが、imode.netのデザイン変更があると使えなくなります。


Hosted by <sourceforge>5273</sourceforge>.

個人用ツール
名前空間

変種
操作
案内
写真で綴るなにか
ツールボックス
Share